• TEL: 024-944-4801
  • 農産物輸送はおまかせください

本日は、福島県トラック協会県中支部が主催する事故防止講習会(会場:郡山ビューホテルアネックス)に参加させていただきました。郡山警察署交通第一課の原川昌一課長が講師となり、とても貴重なお話しを聞くことができました。社内周知も兼ねて講習内容の一部をご紹介します。

〇ヒヤリハットの繰り返しが事故につながる。

〇信号の見方を誤解している人が多い。黄色は気を付けて進めではなく、止まれ。

〇信号機のある交差点では右直事故が多いので、特に注意する。

〇信号機のない交差点では一時停止無視の事故が多い。優先道路であっても、前方をよく注意して走行すること。

〇直進道路では急な進路変更が事故の原因となることが多い。後方の安全確認をしっかりして進路変更をすること。

〇薄暗・夜間は視力が落ちるので、車間距離とわき見運転にはくれぐれも注意する。また運転以外の事は考えない。

〇生活道路は道幅が狭いため特に注意する。駐停車車両の死角からの飛び出しがあると思って運転すること。

〇子供は交通ルールを知らないで自転車を運転していることがあるので、そのつもりで運転をすること。

〇歩行者や自転車は優先意識が強い。自分たちが確実に認識されていると誤認しているので、歩行者や自転車の動きには特に注意すること。

〇あおり運転による交通トラブルが増加しているので、決して挑発にはのらずトラブルに発展しそうな時はすぐに警察に連絡をすること。

運転するものにとって、どれも当たり前に出来ていなければならないことです。しかし、慣れや慢心によりどんどん自己流の運転になってしまい、当たり前のことができなくなっていきます。大型トラックを運転している私達は、この基本を誰よりも徹底しなければならないと思っています。私達は今後も安全運転につとめ、社会に貢献していきたいと思っております。今後とも郡山陸運㈱をよろしくお願いいたします。