• TEL: 024-944-4801
  • 農産物輸送はおまかせください

わが社の運輸安全マネジメントの取り組み(平成30年度)
※全体として前年度の取り組み結果は、一部改善が見られたが、未だ不十分と考えられ、物損事故の発生もあり、本年度も前年度から引き続く内容で取り組むと共に、事故防止に向けて最大限の努力をしていくこととする。
〇わが社の事故防止のための安全方針
安全・安心運行はプロドライバーの社会的使命
〇社内への周知方法
安全方針を従業員へ配布するとともに社内に掲示する。(聞き取りで周知度合の確認実施)
〇安全方針に基づく目標(平成30年度の安全目標)
①速度超過の撲滅(適正な車間距離の保持、燃費向上による環境対策)②自転車・歩行者への最大配慮
〇目標達成のための計画(平成30年度の安全計画)
①法定速度の厳守②右左折時の周辺安全確認の徹底③施設内後退時の降車確認
〇わが社における安全に関する情報交換方法
定期的に輸送の安全に関する意見交換を運転者と開催する。
〇わが社の安全に関する反省事項
年度末に本年度の内部チェックを行い、問題等の結果は後日掲示する。
〇反省事項に対する改善方法
内部チェックにより把握した問題点の改善方法を、後日(年度開始2ヵ月以内)社内に掲示する。
〇特に注意して実践する事項
①前方車両の後輪が確認できる位、車間保持②右左折時、横断歩道直前で一旦停止③後退時の降車確認
〇わが社の安全に関する目標達成状況
平成29年度目標結果目標達成状況
人身事故0件人身事故0件達成
酒気帯び運転撲滅検知件数0件達成
〇わが社の自己に関する情報
平成29年度重大事故発生件数0件
事故の種類施設内での後退時の逆突事故多発。
衝突の状態積卸場所での事故が多い。
〇その他 本年は、26年度発生の重大事故を教訓に自転車、歩行者の安全確保に努めるとともに、未だなくならない追悼事故、積卸地での後退時接触事故の撲滅に向け、社内一丸となって取り組むものとする。
平成30年1月12日 郡山陸運株式会社 代表取締役社長 永山 哲也